保険相談をおすすめする理由

Home / 保険相談をおすすめする理由

保障内容を正確に把握している契約者が少ないという現状

バブル崩壊以降、あらゆる金融商品において利回り面での魅力が薄れたため、「貯蓄」という概今字-もっと幅広くとらえ、利回り以外でのHソントクH を厳しくチェックしようという気運が高まりました。

金利が急低下したときは住宅ローンの借り換えを多くの債務者が利用し、円高のときには外貨預金・外貨建債券の購入が脚光を浴ぴるなど、一種の社会現象の様相を呈していました。ところがこうした「流行モノ」 とは一線を画し、バブル崩壊から現在に至るまで、一貫して人々の高い関心を集めてきたものがあります。

それが「生命保険契約の見直し」です。もちろん生命保険は世帯加入率が何%にも達しており、住宅ロlンや外貨預金・外貨建債券に関係している方に比べて、絶対数からして桁違いですから当然という見方もできます。

ですがそもそも「生命保険を見直そう」とか、「本当にいまの保障のままでいいのだろうか」という契約者が少なくないという現在の状況は、いかに生命保険に加入している契約者自身が保障内容を正確に理解していないかを如実に示しています。

この原因には、生命保険の仕組みが、皆さんが思っているほど複雑でないにもかかわらず、まだあまり理解されていないこと、それに「何が最適な保険か」を一概に決めつけられないというところにありそうです。最適な生命保険の種類や、最適な死亡保険金額は、当然個人の生活背景によってまちまちですから、万人に共通したH正しい保険H などといったものはありません。とはいえ、専門家からズパリひとつの正解を示してもらえないじれったさが、余計に生命保険は復雑だという印象を、契約者に与えているのでしょう。

生命保険差の安全性を見直す

平成9年4月に起きた日産生命の破綻は、生命保険に対する契約者の方々の漠然とした不安感に、さらに拍車をかけました。生命保険会社の場合は、数万1数百万人もの契約者から、保険料が毎月払い込まれるわけですから、日産生命にしても保険金・年金の給付や借入金の返済、各種事務経費や従業員への給与の支払いなどに、さしあたって不自由していたわけではありません。

それがなぜ、大蔵省の「業務停止命令」によって強制的に営業を停止されたのかというと、日産生命はすでに巨額の損失(最終的に3029億円といわれる)を抱えていました。しかもこの先も毎年約300億円もの赤字が発生する見込みがあり、これ以上営業を続けても、20もはや経営を立て直すことができないと判断されたために、業務停止命令が下ったのです。

しかし契約者にとっては「生命保険会社はつぶれない」という神話が崩され、しかも預金とは異なり、破綻した生命保険会社の契約は保険金・年金・解約返戻金が削減されるというのですから大変です。契約者自身が、今後、保障内容もさることながら、「保険会社の経営は大丈夫かどうか」という観点からも生命保険を見直す必要に追られているわけです。

保険相談 保険の窓口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>